御言葉メール300

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール300
2007年7月11日
「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたがたは、柔和な心でその人を正してあげなさい。」(ガラテヤ6の1第2弾)
私は、身近で最も大切な人に対して配慮を欠いてしまいがちです。「柔和な心」が欠けるのです。この『柔和』という言葉は、相手が間違ってもなお配慮することだそうです。「自分を傷つけたら仕返しをしても良い」と攻撃の根拠にしないことだといいます。
相手をやり込めたり、反撃できないようにしたりできる武器を持っていたとしても、それを使わないことだそうです。つまり、柔和とは、荒れ狂う自分の心の中の野生馬を手綱とくつわで抑え、力を抑制することのようです。これなくしては、相手を正す資格がないと言うことですね。具体的には、相手の過ちを正そうとする時『あなたは』と言う指差す非難ではなく、「私は・・・と思う。・・と感じた。
・・・を願っている。」を用いることを提案します。「あなたは」と指差す言葉によって、本当の気持ちを正しく相手に伝えられなくなっていませんか。あなたの本当の思い気持ちが伝わらないのは、大切な相手に、非難されていると思わせ防御させてしまうからです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール300関連ページ

御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]
御言葉メール290
御言葉メール290 2007年6月6日 「また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の […]