御言葉メール299

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール299
2007年7月7日
「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとするところは、労苦とわざわいです。それは早く過ぎ去り、私たちも飛び去るのです。」(詩篇90の10〉
最近、92歳の主人の父が危篤状態になりました。今は何とか持ちなおして、家での生活を続けていますが、少しづつ、自分の事や家人から言われた事ができなくなっています。
そうすると「おらあ、ダメだなあ」と、自分を責めたり自分の頭を叩いたりします。義母は88歳ですが、少しづつ痴呆状態はでているものの、これから先どうなるかという不安を口にします。多くの苦労を通ってきて人生が終わろうとする時、自分を責めたり、考えると不安がでてくる状態でいるというのは、私の目から見るとなんとも切なく思われます。
詩篇の作者は、人間は生きても70、80年、花のようにしおれて枯れる、といいます。しかし神様は永遠から永遠まで神として存在されている。労苦と災いの人生であっても、永遠なる神によって生かされていると知る時、死んでから始まるいのちがある事を教えられます。地上で罪を赦される神によって、永遠のいのちが与えられる。この希望に両親も支えられる様にと祈っています。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール299関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール298
御言葉メール298 2007年7月4日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたが […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]
御言葉メール290
御言葉メール290 2007年6月6日 「また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の […]