御言葉メール298

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール298
2007年7月4日
「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたがたは、柔和な心でその人を正してあげなさい。また、自分自身も誘惑に陥らないように気をつけなさい。」(ガラテヤ6の1)
正直であることと、自分の不快感を精一杯表すこととは、全く違います。そういう人は、隣人への批判を黙ってしまって置くことは決して出来ないでしょう。隣人の過ちを洗いざらい言い散らかし、誰彼構わずにあら捜しをします。
彼らの激しい非難は、相手を何とか言い負かし威圧したいからなのです。しかしその実、彼自身は本当に臆病で、いつも人から何か言われやしないかと、びくびくしているのです。ですから自分では正直だと正当化していても、怒りと敵を誤魔化しているだけです。自分の願っているところへ人々を押しやり、黙らせることが出来たとしても、ほとんど全てが、隣人を深く傷つけてしまうのです。彼には隣人を思いやる心も優しさも全く持ち合わせていません。
そして彼自身が、人としての自分の価値を引き下げているのです。では、隣人の過ちに対してどのように対処したらよいでしょうか。その時に心に留めておきたい聖句が冒頭の言葉です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール298関連ページ

御言葉メール300
御言葉メール300 2007年7月11日 「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなた […]
御言葉メール299
御言葉メール299 2007年7月7日 「私たちの齢は70年。健やかであっても80年。しかも、その誇りとすると […]
御言葉メール297
御言葉メール297 2007年6月30日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3章18節) 私 […]
御言葉メール296
御言葉メール296 2007年6月27日 「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、 […]
御言葉メール295
御言葉メール295 2007年6月23日 「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました。」(ローマ4の18) […]
御言葉メール294
御言葉メール294 007年6月20日 「しかし私には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするもの […]
御言葉メール293
御言葉メール293 2007年6月16日 「わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない […]
御言葉メール292
御言葉メール292 2007年6月13日 「私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜 […]
御言葉メール291
御言葉メール291 2007年6月9日 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロ […]
御言葉メール290
御言葉メール290 2007年6月6日 「また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の […]