金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

301〜350

御言葉メール314

投稿日:

御言葉メール314
2007年8月29日
「主イエスの恵みが、あなたがたとともにありますように。」(Ⅰコリ16の23)
ほとんどの人には、この言葉が空しく響くだけです。何故なら様々な宗教がよく使う陳腐で、もう聞き飽きた言葉だからです。しかし神の民は、神の祝福のもとに、毎日を送ることができる事が何ものにも代えがたく、貴重で力強いものであり、この地には他に無い事を知っております。
しかし人は、自分が犯してしまった罪を自覚する時、それが永遠に取り消すことはできない罪と知る時、どこにも逃れる場所がないことを悟ります。もう取り返しがつかないのです。人の罪は、どこまでもつきまとい、追いかけ、苦しめます。その時こそ、十字架上で刺し貫かれたイエスの血がある事を思い返しましょうよ。あなたには、誰にも犯されない、奪われない避け所があるのです。
しかし、十字架上のイエスに近づこうとする時、希望よりも恐れが支配し、何度も逃げ出しそうになります。それは、イエスに近づけば近づくほど、罪がよく見えるからです。自分の過去の罪ばかりでなく、もう罪を犯すまいと決心しているのに、罪を犯そうとしてしまう罪を知るからです。でも、主の救いは完全なのです。

カテゴリー

-301〜350

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.