御言葉メール306

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール306
2007年8月1日
「彼らは、そのようなことを行なえば、死罪に当たるという神の定めを知っていながら、それを行なっているだけでなく、それを行なう者に心から同意しているのです。」(ロマ1の32)
8月になって思う事は、広島、長崎に投下された原爆の事と、沖縄戦、東京大空襲の事です。それは、戦争に直接関係のないと思われる人々(女性や子供お年寄り)が、兵隊以上になくなったことです。原爆の悲惨さは、今尚、子どもや孫の代まで続いています。
いまだに戦後直後なのです。日本は被害国なだけでなく、加害国なのです。侵略戦争先で略奪と暴行、殺害を大量に行った国です。これらは、決して忘れてはならないでしょう。ではその時、地の塩、世の光として教会は何をしていたのでしょう。この惨事が引き起こされる前に、気づかなかったのでしょうか。ほとんどの教会が目を閉じ眠りました。そして、当時の或るキリスト教会牧師の弁は「当時の私達に何ができたというのか。
教会を守るために仕方がなかったのだ」でした。しかしキリストの教会は消えました。「私はどうだろうか」とも考えました。だから今、目覚めて、自分の必要事だけでなく、国のために祈る必要があるのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール306関連ページ

御言葉メール350
御言葉メール350 わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 […]
御言葉メール349
御言葉メール349 2007年12月29日 「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、 […]
御言葉メール348
御言葉メール348 2007年12月26日 「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛 […]
御言葉メール347
御言葉メール347 2007年12月22日 「その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と […]
御言葉メール346
御言葉メール346 2007年12月18日 「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いな […]
御言葉メール345
御言葉メール345 2007年12月15日 「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのもので […]
御言葉メール344
御言葉メール344 2007年12月12日 「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。 […]
御言葉メール343
御言葉メール343 2007年12月8日 「主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを […]
御言葉メール342
御言葉メール342 2007年12月5日 「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神 […]
御言葉メール341
御言葉メール341 2007年12月1日 「あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい […]