御言葉メール323

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール323
2007年9月29日
「私たちの仕える神は、火の燃える炉から私たちを救い出すことができます。王よ。神は私たちをあなたの手から救い出します。しかし、もしそうでなくても、王よ、ご承知ください。私たちはあなたの神々に仕えず、あなたが立てた金の像を拝むこともしません。」(ダニエル3の17,18)
どうしても私たちが考える「信仰」についてのイメージは、自分の願いがかなう、理想の人間になれたり、天国のような理想郷に入れる,という事に尽きると思います。
しかし上記の聖句から、聖書の神への信仰は、人間の側の都合ではないことがわかります。ペルシアの絶対君主ネブカデネザル王は、自分が作った金の像を拝まない者は火の炉に投げ入れると宣告します。唯一の聖書の神だけを拝む3人の若者は、それを拒否します。神は助けることもできるし、みこころなら助けられない。
自分の思った通りにいかなくてもそれでも神の為さる事は正しいとし、その神に仕える。自分が不利になっても敗北しても、神の為さる事であるなら自分にとって最善なのだろう、と信じる時、私たちは神様を自分の都合によって信じているのではない事を告白しているのでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール323関連ページ

御言葉メール350
御言葉メール350 わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 […]
御言葉メール349
御言葉メール349 2007年12月29日 「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、 […]
御言葉メール348
御言葉メール348 2007年12月26日 「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛 […]
御言葉メール347
御言葉メール347 2007年12月22日 「その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と […]
御言葉メール346
御言葉メール346 2007年12月18日 「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いな […]
御言葉メール345
御言葉メール345 2007年12月15日 「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのもので […]
御言葉メール344
御言葉メール344 2007年12月12日 「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。 […]
御言葉メール343
御言葉メール343 2007年12月8日 「主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを […]
御言葉メール342
御言葉メール342 2007年12月5日 「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神 […]
御言葉メール341
御言葉メール341 2007年12月1日 「あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい […]