金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

301〜350

御言葉メール321

投稿日:

御言葉メール321
2007年9月22日
「あなたがたのからだを神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。この世と調子を合わせてはいけません。」(ローマ12の1,2)
上記のみことばは、私が伝道者として生きていくことを祈っていた時に、支えと確信を与えられた聖句です。それ以来このみことばは、いろいろな問題で悩む時、自分が何で悩んでいるのか、何がつらいのかを吟味させるものになりました。
自分が今、考えていることの動機は何なのか、神を第一に考えて出した結論なのか、人を恐れて出した事なのか。特に人を恐れていると、問題がおきなければよい、という安易さや周りと調子を合わせたくなる自分の弱さ、また神を第一に考え行動して自分に不利な結果が出た時、それは周りの人にとって、神様を信じていても何も役に立たないと思われてしまうのではないか等、様々な葛藤がでてきます。
疲れて投げやりになり、後で後悔した事も多くあります。しかし、みことばを思い巡らす時、時間はかかっても「私は主に従おう」という決断と「主よ、助けてください」という祈りに導かれます。神は私達を礼拝者として整えて下さいます。

カテゴリー

-301〜350

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.