御言葉メール320

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール320
2007年9月19日
「その永遠のいのちとは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたの遣わされたイエス・キリストとを知ることです。」(ヨハネ17の3)
私たちは、なぜこの神だけを信じる必要があるのでしょう。また、何故イエス・キリストだけを知っていればよいのでしょう。その理由がここにあります。人は、様々な神々を持ちます。かつては、あなたも多くの神々がいたことでしょう。
今のあなたの神々とは、名誉と成功、富ですか。人は、いつの時代でも自分の都合と欲望をかなえてくれるものを神とします。その為に人は、欲望という神々に振り回され、多くの大切なもの(事)を失ってきました。そんな私たちに神は、聖書を通して「神は唯一だと」啓示されたのです。この言葉の意味は、この神は他と決して比較できない特別なお方で、これ以上に大切で十分な存在はない、という意味です。
このお方は、永遠の命の君なのです。この神との仲介者が、キリストだけなのです。何故なら、私の罪を身代わりに負って死なれる程に、愛して下さったお方はこのお方以外にはおられないからです。イエスを信じるなら、欲望という神々から開放され、迷わなくて済むのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール320関連ページ

御言葉メール350
御言葉メール350 わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 […]
御言葉メール349
御言葉メール349 2007年12月29日 「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、 […]
御言葉メール348
御言葉メール348 2007年12月26日 「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛 […]
御言葉メール347
御言葉メール347 2007年12月22日 「その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と […]
御言葉メール346
御言葉メール346 2007年12月18日 「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いな […]
御言葉メール345
御言葉メール345 2007年12月15日 「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのもので […]
御言葉メール344
御言葉メール344 2007年12月12日 「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。 […]
御言葉メール343
御言葉メール343 2007年12月8日 「主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを […]
御言葉メール342
御言葉メール342 2007年12月5日 「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神 […]
御言葉メール341
御言葉メール341 2007年12月1日 「あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい […]