御言葉メール332

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール332
2007年10月31日
「私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでし
ょうか。私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神に感謝します。」(ロマ7の24〜25)
聖化とは、罪深い私たちを、愛ときよさへと造り変えて下さる神の恵みのことです。私は、より良い自分でありたいと願います。その為に私は色々な良いといわれる事に勤めようとしました。
良い友、良い文学、知識や教養を身に着ける事が、自分を豊かにし、より良い自己を形成すると考えていました。けれども、以前の自分に比べて罪が増し加わるだけでした。確かに多少なりとも知識という付属物は増したかもしれません。しかし、愛や誠実さや清さという大切な部分は何も変わりません。それが現実でした。
その時、人の評価など全く意味を持ちませんでした。人の評価はいつも、相対的でしかなく、また許すといっても「お互い様」という妥協の産物でしかありません。私は、いつも神も人も愛する力のない、惨めな者だと知らされます。その状態を聖書は、罪の奴隷と言います。また私は、自分に失望していますが、失望のままで終わらない事も知っています。主が私を変えて下さいます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール332関連ページ

御言葉メール350
御言葉メール350 わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 […]
御言葉メール349
御言葉メール349 2007年12月29日 「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、 […]
御言葉メール348
御言葉メール348 2007年12月26日 「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛 […]
御言葉メール347
御言葉メール347 2007年12月22日 「その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と […]
御言葉メール346
御言葉メール346 2007年12月18日 「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いな […]
御言葉メール345
御言葉メール345 2007年12月15日 「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのもので […]
御言葉メール344
御言葉メール344 2007年12月12日 「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。 […]
御言葉メール343
御言葉メール343 2007年12月8日 「主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを […]
御言葉メール342
御言葉メール342 2007年12月5日 「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神 […]
御言葉メール341
御言葉メール341 2007年12月1日 「あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい […]