御言葉メール326

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール326
2007年10月10日
「ですから、今すでにキリストの血によって義と認められた私たちが、彼によって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。」(ロマ5の9)
「義と認められること」は、聖書が提供する約束の伴った最大の祝福です。しかし今は、この祝福がどれほどに素晴らしいく、大切なものかを分かってもらうのに苦労します。それは、人々の心から神と罪意識・その結果である地獄への恐れとが失われたからです。
何故この恐れが人から失われたのでしょうか。それは、今の罪の世に満足し、罪が与える快楽を恋い慕っているからです。そして何の根拠もなく、神も神の審判も無視して恐れません。しかし例え人々が認めても認めなくても、神は私たちの全ての思いと行いとを知っておられます。神と人への愛を失い、自己中心になった私たちは、主の怒りと呪いの対象となります。人をねたみ、中傷し、神を軽んじる全ての人に、神は聖なる怒りを燃やします。
私たちの終末は、永遠の滅び(これほど恐ろしい事はない)の他にありません。ですから、こんな私たちが「義と認められる」のは、イエスへの信仰によって無償で与えられます。だから、この上ない喜びであり祝福です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール326関連ページ

御言葉メール350
御言葉メール350 わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 […]
御言葉メール349
御言葉メール349 2007年12月29日 「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、 […]
御言葉メール348
御言葉メール348 2007年12月26日 「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛 […]
御言葉メール347
御言葉メール347 2007年12月22日 「その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と […]
御言葉メール346
御言葉メール346 2007年12月18日 「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いな […]
御言葉メール345
御言葉メール345 2007年12月15日 「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのもので […]
御言葉メール344
御言葉メール344 2007年12月12日 「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。 […]
御言葉メール343
御言葉メール343 2007年12月8日 「主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを […]
御言葉メール342
御言葉メール342 2007年12月5日 「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神 […]
御言葉メール341
御言葉メール341 2007年12月1日 「あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい […]