御言葉メール340

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール340
2007年11月28日
「するとダビデは地から起き上がり、からだを洗って身に油を塗り、着物を着替えて、主の宮にはいり、礼拝をしてから、自分の家へ帰った。そして食事の用意をさせて、食事をとった。」(Ⅱサム12の20)
教会に礼拝を捧げる喜びがあるだろうか。単に義務となっていないだろうか。ダビデは、罪の結果ではありますが、大切な子どもが病み、苦しんでいます。その時、彼は食事も取らず、身体も洗わず、ひたすら助けを求めて祈り続けました。
そして子どもが息を引き取ったと聞いた時、彼は食事を取り、身体を清め、正装して神の宮にて礼拝を捧げたのです。人は自分の罪深さを省みずに、深い悲しみの故に、神の義と憐れみを疑います。しかし、ダビデが先ずしたことは、神の宮に出向き、神に礼拝を捧げるため、身体を清め正装することでした。神を信じるということ、神に仕えるという事は、このようなことなのだと教えられた気がしました。
私の気持ち、状態によって神を礼拝したり、しなかったりするのではないく、むしろ一番人間的には神を礼拝しなくても当然だと思われるときこそ、正装して神に向かう、このことが神を信じる神の民の証だと教えられたのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール340関連ページ

御言葉メール350
御言葉メール350 わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 […]
御言葉メール349
御言葉メール349 2007年12月29日 「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、 […]
御言葉メール348
御言葉メール348 2007年12月26日 「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛 […]
御言葉メール347
御言葉メール347 2007年12月22日 「その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と […]
御言葉メール346
御言葉メール346 2007年12月18日 「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いな […]
御言葉メール345
御言葉メール345 2007年12月15日 「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのもので […]
御言葉メール344
御言葉メール344 2007年12月12日 「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。 […]
御言葉メール343
御言葉メール343 2007年12月8日 「主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを […]
御言葉メール342
御言葉メール342 2007年12月5日 「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神 […]
御言葉メール341
御言葉メール341 2007年12月1日 「あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい […]