金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

301〜350

御言葉メール348

投稿日:

御言葉メール348
2007年12月26日
「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛し合うなら、神は私たちのうちにおられ、神の愛が私たちのうちに全うされるのです。」(Ⅰヨハネ4の12)
キリスト者生活で大切なのは「喜びが全たきものとなる為、罪を犯さないようになる為、永遠のいのちを持っていることを…証する為、何が大切なのか。」と問い続けることだと言われます。その答えは真理です。
たとい優れた知識でも偽りであるなら、全き喜びは与えません。まして罪を犯させるようなものは真理ではありません。そして永遠のいのちは、真理である御子を信じることです。更に冒頭の言葉は、神の愛を受けていることを知っているかどうかが、真理を知っているかどうかだといっているのです。
しかしこの手紙が書かれた時代は、いよいよ国家的な教会への迫害の足音が近づき(一世紀の終わり)、自己保身のための裏切り(密告)と賄賂や偽りが蔓延している不信の時代でした。しかしこのような時代だからこそヨハネは、神が罪人の私たちを愛して下さったのだから、互いに愛し合うではないかと勧めたのです。それが誰も見たことのない神を人々に見せることになるからです。

カテゴリー

-301〜350

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.