御言葉メール344

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール344
2007年12月12日
「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。」(Ⅱコリント4の18)
現代は、どんなものでも目て、手に触れ、確認でなければ、不確かなもの、頼りにならないもの、と決め付け、その存在さえ認めません。その結果、人間の本当の価値を見失います。彼らは、人の価値をその人の住む世(非常に狭い)における肩書き、財産、知名度でしか判断できません。
しかし残念ですが、それが現実です。そこで私は逆に神に感謝しているのです。神は、御言葉を通して目に見えないものにこそ本当の価値あるといわれるからです。見えるもの(科学的発見、医学、知識等も)は、全て例外なく、一時的で変わってしまうものです。頼りになりません。価値あるものはその本質を変えることはありません。移り行くものを拠り所とすることは、真に不安定です。
だから、彼らはいつもイライラして、不安という恐れに震え、叫び出します。彼らには、感謝するという生活は一生涯、来ないのではないでしょうか。見えないものは見えないままで受け止めましょう。人の心は神にしか見えません。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール344関連ページ

御言葉メール350
御言葉メール350 わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 […]
御言葉メール349
御言葉メール349 2007年12月29日 「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、 […]
御言葉メール348
御言葉メール348 2007年12月26日 「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛 […]
御言葉メール347
御言葉メール347 2007年12月22日 「その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と […]
御言葉メール346
御言葉メール346 2007年12月18日 「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いな […]
御言葉メール345
御言葉メール345 2007年12月15日 「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのもので […]
御言葉メール343
御言葉メール343 2007年12月8日 「主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを […]
御言葉メール342
御言葉メール342 2007年12月5日 「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神 […]
御言葉メール341
御言葉メール341 2007年12月1日 「あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい […]
御言葉メール340
御言葉メール340 2007年11月28日 「するとダビデは地から起き上がり、からだを洗って身に油を塗り、着物 […]