御言葉メール342

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール342
2007年12月5日
「あなたがたの内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神であるからです。」(ピリピ2の13)
この信仰は、私たちクリスチャンにとってとても重要です。私たちは、何時でも神の御心のままに行動することが出来たならばどんなに幸いで平安でしょうか。パウロは、「何事も、不平や理屈を言わずに行いなさい」と勧めます。
そうすればこのような曲がった時代にあっても、非の打ち所のない神のことして輝くことが出来ると言います。しかし私たちは、いく度神に不従順を悔い改め、従順を決意したことでしょうか。多くのクリスチャンが、悔い改めることにさえ疲れてしまいます。罪と戦いますが、罪への欲望の故に神への思いが消えてしまいそうです。どうしたらよいのでしょう。まず、何もかもあなたの心の内にを全て神にお話しするということです。
そのように真実を打ち明けた人は、救いと恵みを頂きました。私たちが今一番しなければならないことは、神にことごとく正直に打ち明けることです。そうすれば、聖霊なる神が私たちの心を備えて下さり、事を行わせて下さるとの約束です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール342関連ページ

御言葉メール350
御言葉メール350 わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。 […]
御言葉メール349
御言葉メール349 2007年12月29日 「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、 […]
御言葉メール348
御言葉メール348 2007年12月26日 「いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛 […]
御言葉メール347
御言葉メール347 2007年12月22日 「その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、ご自分と […]
御言葉メール346
御言葉メール346 2007年12月18日 「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いな […]
御言葉メール345
御言葉メール345 2007年12月15日 「人となって来たイエス・キリストを告白する霊はみな、神からのもので […]
御言葉メール344
御言葉メール344 2007年12月12日 「私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。 […]
御言葉メール343
御言葉メール343 2007年12月8日 「主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを […]
御言葉メール341
御言葉メール341 2007年12月1日 「あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい […]
御言葉メール340
御言葉メール340 2007年11月28日 「するとダビデは地から起き上がり、からだを洗って身に油を塗り、着物 […]