金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

351〜400

御言葉メール357

投稿日:

御言葉メール357
2008年1月26日
第4回「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです」(マタイ5の3)
心の貧しい人にパウロがおります。彼は、生来の自分の豊かな才能と立場を自覚していて、誰とでも張り合うつもりならば引けをとらないと自負します(ピリピ3章)。それ故彼は、生涯自分の高慢と戦わなければなりませんでした。そのパウロが、福音宣教について「このような務めにふさわしい者は、いったいだれでしょう」と叫んでいます。
パウロこそ福音宣教の任にふさわしい人です。しかし彼は、自分はふさわしくないと考えていたのです。主の働きは、人の才能や学識では無いことを知ったからです。それは、神がなされるので、神により頼まなくてはできないのです。この事の否定は、心貧しい姿から程遠い状態です。ですから心の貧しさとは、己の才能や立場に依存しないで、神を仰ぎ、神とその恵みと憐れみに徹底的により頼むことです。
イエスさえ人となられた時、ご自分を心貧しいものとされました。ですからイエスは、いつも神に祈るのです。祈りは、自分を神の前に心貧しくしている姿なのです。あなたはわずかばかりの手柄を根拠に自分を誇り、頼みとしますか。

カテゴリー

-351〜400

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.