御言葉メール353

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール35
2008年1月12日
「そのとき、いちじくの木は花を咲かせず、ぶどうの木は実を実らせず、オリーブの木も実りがなく、畑は食物を出さない。羊は囲いから絶え、牛は牛舎にいなくなる。しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。私の主、神は、私の力。」(ハバクク3の17〜19)
もうダメだ、と思う時も、天の窓は開いていますよ、と、ある時のメッセージから教えられました。八方ふさがりで、詮方尽きた、と思う時も、なお期待できる場所があるのです。
どんなに追い込まれても、私達には神様に期待する道が残っている。ハバククは神様から、自分の国ユダがバビロンに侵略される予言を受けた時、非常なショックを受けます。人の命も、人が生きる為の農作物も全て絶滅させる、恐ろしい滅びでした。この滅亡は絶対避けられない道でした。ハバククはショックと恐怖の中で、それでもなお神を信頼しようとします。
愛なる神はいつも最善です。祝福も恵みも全くないと思われる時、それでもこの状態は自分にとって最善である、と私も信じさせていただきたいと思います。その時、ハバククの様に神に期待し、神を喜べるようにさせていただけると信じています。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール353関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]