御言葉メール355

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール355
2008年1月19日
「イスラエルの王、主は、あなたのただ中におられる。あなたはもう、わざわいを恐れない。」(ゼパニヤ3の15)
「わざわい」は無くなることはないでしょう。しかしその災いは私たちに、何の危害も加えることはできません。神様を信じる者の中にはキリストがおられるからです。自分は災いに立ち向かうことができなくても、キリストが私達の前に立ちはだかっておられます。
キリストが私達のただ中におられるので、私達が遭うすべての事柄をキリストにお任せすることが出来ます。私達に危害を加えるのは災いではなく、キリストを信頼できない心が、自分を傷つけるのではないでしょうか。災いにあったとき、呪われている、何かのたたりだ、自分のした事の罰だとか、また、あの人のせいだ、この環境が悪い、と、自分と人を責めます。その様な思いはしばしば起こるでしょう。
その様にして私達は何と多く自分を傷つけ、人を苦しめてきた事でしょうか。しかし今、キリストが私達の中におられるので、「それでもなお、主は私に対して最善をなしておられる」と、自分に教える事が出来ます。どの様な災いの時も愛と赦しの神が居られるなら、そこは最善なのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール355関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]