御言葉メール361

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール361
2008年2月9日
「・・その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。」(第1ペテロ4の10)
ここ数年、私の中で絶えず問われている課題に「仕える」という事があります。冒頭のみことばの、仕え合うというのは、しもべとして、という意味です。私自身、聖書の「仕える」という姿勢からあまりにもかけ離れた者であることを、鋭く指摘される御言葉です。
私がイエスキリストを信じ従うということを学ばなかったら、多分、私は人に仕えるという事など考えもしなかったでしょう。キリストのことばと教えに従いたいと願う時、そこには必ず周りの人に仕える、という事がいやが上にも出てきました。勿論、人によって「仕える」という表れ方は全く違います。その違いはあっても、神の規準によって生きようと願う時、社会の良いと思われる規準や方法とはかけ離れていても、キリストに従い人に仕えるその人独自の在り方が出てくるのではないでしょうか。
みことばによって思い、言葉、態度を自己吟味させられていく時、世の中の人間観、発想を教会に持ち込む事から守られます。むしろ聖書の、仕える人間観を教会から世の中に発信できる人が 起こされていくと信じます。主の恵みが広まります様に

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール361関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]