御言葉メール375

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール375
2008年3月29日
「私の敵。私のことで喜ぶな。私は倒れても起き上がり、やみの中にすわっていても、主が私の光であるからだ。」(ミカ7の8)
「私の敵」というのは、神から私達を離すもの、またその状況と考える事ができると思います。特にここでは絶望で打ちひしがれ、立つ力もない立場に追いやられていることがわかります。人間的に見るならば、何も信じられない、神すらも、と考えても普通の状況であったでしょう。
しかし作者ミカは、そのような中で、「主は私の光である」と告白するのです。倒れたり闇の中に座ることが私達もあるかもしれません。一秒先の見通しもつかない、周りが八方ふさがりに思える時、自分を嘆き、人に恨み言を言うしかない時もあるかもしれない。その時にそれだけで終わることがありませんように。そのような状態の私やあなたを、なお支え続け、決して倒れたままになさらない神様の御手の中に、私達は居るのです。
暗闇で光が見えなくても、「主は私の光である」と告白できますように。この告白は神様がさせてくださるのです。私達がどんな状況であっても、自分にはできなくても神様はあなたや私を必ず、起き上がらせて下さいます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール375関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]