御言葉メール374

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール374
2008年3月26日
「柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。」(マタイ5の5)2
ここで言う柔和さとは、臆病とか弱さから来るひ弱な柔和なでも、優柔不断ないい加減なことでもありません。この柔和とは、モーセやイエス・キリストのような姿勢の事です。モーセは、当時の最高の学問と戦闘訓練を受けておりました。しかし彼は、そのような業により頼みませんでした。
何故ならば彼は、自分の全存在を神が知っておられ、神の御手の中に自分の命も歩みもあると知っていました。神によらなければ一瞬たりとも生きていられない存在であることを認めていました。ですから、例えエジプトのパロに対してであろうと、また戦う相手がとても大きくて強い、大軍団であろうとも、彼は、震えてしまうようなことはありませんでした。
またイエス・キリストも時の権力者や知者といわれる者たちや、ローマ帝国という強大な軍隊を持つ絶対者に対してであろうと真理を曲げることはありませんでした。その二人の共通していることは、神のみを畏れ、神によって自分たちが今あることをはっきりと自覚していたということです。神以外を畏れない心を持つ人を柔和な人というようです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール374関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]