御言葉メール370

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール370
2008年3月12日
「悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」4(マタイ5の4)
この悲しむ者とは、自分に対して、世に対して、勿論他の人に対して、何の期待するものがないと自覚している人のことです。悲しむ者とは、この世にあるすべの物に対して絶望していますが、イエス・キリストを信じる信仰によって、自分の罪が完全に贖われて救いを得ているという喜びを得ています。
このようにイエス・キリストに対して期待する所から出てくる望みと喜びは、この世に属さないものですから、この世のいかなる力、権力、知識によっても奪われることがないものです。次元が全く違うものなのです。ここに私たちが起たない限り、世を恐れ、人を恐れ、様々な誘惑に陥り、パウロのように自分の愛する弟子であるテモテに「キリスト・イエスのりっぱな兵士として、私と苦しみをともにしてください。」(Ⅱテモテ2の3)とはいえなかったことでしょう。
自分の困難や重荷、十字架だけでもしんどいのに他人の苦しみまで、負うという事は大変なことです。にも関わらすパウロは、自分と同じ苦しみを負ってほしいと願っているのです。それ程イエスに仕える価値はあるのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール370関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]