御言葉メール368

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール368
2008年3月5日
「悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」3(マタイ5の4)
この悲しみは、自分自身に対して絶望するだけではありません。この世に悪が蔓延していることに対して絶望し、悲しむことでもあります。しかしこの悲しみに望みがない時、人の心は、壊れてしまいます。あらゆることに(自分にも他の人にも社会にも)失望しているだけでは、人は生きて行けないのです。
キリスト教会は、そのような人たちに希望を指し示すことが出来る唯一の場所のはずです。何故なら教会は、人の評価や価値を、能力や生まれ(血筋)、学歴や富、功績によっては、決して測らないところのはずだからです。パウロという人は、今まで得だと思っていたり、誇りに思っていた学歴、社会的立場や地位をかえって損と思うというのです。何故なら彼を喜ばせているものが、それらとは全く関係の無いイエス・キリストが与えて下さる救いだからです。
キリスト者とは、神の一方的な愛によって、栄光に満ちたキリストの豊かさと喜びを信仰によって与えられているのです。ですから教会は、本当に悲しんでいる者にこの富の豊かさを提供して、慰めを与えることが出来る唯一の場所なのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール368関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]