金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

351〜400

御言葉メール367

投稿日:

御言葉メール367
2008年3月1日
「悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」2(マタイ5の4)
悲しむとは、どのような心情のことを言うのでしょうか。又何に対して悲しむのでしょうか。パウロは、「私は自分がしたいと思うことをしているのではなく、自分が憎むことを行なっている」だから「私は、ほんとうにみじめな人間です。」(ロマ7の15,24)と悲しんでいます。悲しむのは、自分自身について悲しむのです。
自分が人や社会に不当に扱われており、誰からも尊敬されていないし、少しも豊かでない、と世を怨んで悲しむことではありません。その様な悲しみばかりを抱いている処に幸いは訪れません。悲しみとは、「何故私は、人にあんなに不親切で嫉妬深く、嫉み深く、怒りっぽく、自分勝手なんだろう」と、その様な自分自身に対して戦おうとしている人が持つ、嘆き悲しみのことです。
ある人は、「このような感情は誰でも持っているし、人間である以上仕方がない。今時そんなことを気にしている人などいない。」と言います。その人は聖書を否定する、未信者です。何故なら彼は、パウロやイエスの言葉を否定するからです。彼は、いつまで経っても真の幸いを味わう事はないでしょう。

カテゴリー

-351〜400

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.