御言葉メール380

[`evernote` not found]
LINEで送る

「柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。」(マタイ5の5)
柔和な人とはどのような人でしょうか。私は、私の全てを知っておられる方の前に出ると自分は本当に罪の誘惑に弱く、本当に惨めだと正直に認めなければなりません。私には、人に誇るものなど何も無いと告白しなければなりません。しかし、他の人が、私についてそのように言うのを許すことができません。
他の人が私の弱さと罪深さを指して、ダメな人間だ私を非難するのを認めることにはとても難しさを覚えます。私は、他の人に自分の罪と弱さを咎められるより、自分で自分を咎めるほうが好きです。そのほうが楽です。わたしは自分のことを他の人が、罪人、意気地なしということを許せなくなります。この冒頭のことばは、私に対して人が私をどう見ているか、またその評価をどれほど意識しているかが問われる言葉なのです。
あなただったらどのように答えられますか。このような心の葛藤は、私たちの自尊心を奪い去るものです。私に対する他人の評価を認めるために求められているのは、偽善的一時的言い逃れでなく、神と人の前における真の謙りであり、それを受けいれる柔和さなのです。
みことばメール配信係のあっかです先週16日から3回みことばメールの配信がPCの故障のためできなかったことをお詫びいたします。これからも定期的に配信できるように努力していきますのでよろしくお願いします。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール380関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]