金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

351〜400

御言葉メール378

投稿日:

御言葉メール378
2008年4月9日
「悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。」(マタイ5の4)
先日「笑う門に福来る」の言葉が気になりました。聖書の笑いについて気になり調べました。ルカ6の25「いま笑っているあなたがたは、哀れな者です。やがて悲しみ泣くようになるからです。」とあります。その他には笑うという言葉は、新約ではルカ6の21にあるだけでした。旧約での笑うという事は、神が人の愚かさをあざ笑い、裁きの宣言と共に用いられています。
また人が笑うという時はほとんど神を軽んじた人の傲慢さを表しています。この世は、「あまりくよくよくしなさんな。辛いことも嫌な事も笑って吹き飛ばしなさい。そこに幸いが訪れるよ。」しかし、聖書は全く正反対のことを教えます。戦争と残虐行為が蔓延している世相を、私たちは笑って済ましてよいのでしょうか、そして今の罪深い自分の姿を笑って済ませられません。しかし主のお言葉は、そこで終わりではありません。
慰められるとの約束があります。その様な人は、自分の徹底的な罪深さと無力さを真に悔い改める人なのです。その結果、人は心から主を呼び求めます。その人に夜の後に朝が必ず来るように喜びが起こります。

カテゴリー

-351〜400

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.