御言葉メール376

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール376
2008年4月2日
「柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。」(マタイ5の5)
あなたは、自己憐憫〈レンビン〉と柔和を区別できておりますか。自己憐憫とは、今自分が惨めで悲しい状態に置かれているのは周りが分かってくれないから、と境遇を悔やみ呪うことです。また柔和は、人付き合いを良くする為に、凡ての事に妥協して、その場の平穏無事を願って我慢することでもありません。
では、柔和とは何でしょうか。自分で自分を防御するため様々な画策をしないということでもあります。何故なら自分は、自分でシャカリキなって守らなければならないようなような価値あるものはこの世に何一つないということを認めることです。同時に、神の守りに信頼して神にも人にも誠実であろうとすることです。この時私たちは、神の守りについて誤ってはなりません。
神は、あなたから一切の困難や苦しみ,悲しみ、災いに合わせない事ではありません。聖書のどこにも、そのような約束はありません。詩23の4には、「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。」とあります。何故なら神の御言葉と神に信頼しているからです。人はこの時柔和です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール376関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]