金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

351〜400

御言葉メール390

投稿日:

御言葉メール390
2008年5月31日
「それは、断食していることが、人には見られないで、隠れた所におられるあなたの父に見られるためです。そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が報いて下さいます。」(マタイ6の18)
断食、祈り、善行はユダヤ人の宗教生活の三大支柱でした。神に従う生活の現われだったのです。しかしパリサイ人と呼ばれる宗教指導者は、神に向かうべき行為を、自分が人からほめられ尊敬を受けるための手段にしてしまった。
キリストは、その人達を「偽善者」と、叱責されます。神に向かう装いをしながら人に向かう。私は自分が神に向かう事を意識しないでいると、自然に人と比較したり、人はどう見るのだろうかと考えている自分に気づきます。神に祈り神に讃美をささげる、兄弟姉妹のために労する、献金をする、家族や友に証しをする・・神に向かうこれらの一つ一つの事柄は、神様を覚えるという意識的な自己吟味によって、悔い改めの恵みにあづかっていくでしょう。
偽善者ではない人の姿がここにあります。父なる神は人の目には見えない隠れた心を見られます。神を愛する行為は、人の目には愚かと思えても、父なる神が報いて下さる事を経験するでしょう。

カテゴリー

-351〜400

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.