御言葉メール389

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール389
2008年5月24日
「友はどんなときにも愛するものだ。兄弟は苦しみを分け合うために生まれる。」(箴言17の17)
娘が統合失調症になってから、私達の実家の親達は、「困ったものだ」と嘆き悲しみました。その病気の症状、また病気としての理解が十分ないことからの辛さもありますが、自分達がどうしてやることもできない無力さが、「困ったものだ」と言わせるようです。
身近な人の困った事、面倒な事、自分に都合の悪い事が起こった時、人は「困ったものだ」と、口ずさみます。しかし、どんな最悪な状況の中にも神様の善なる御計画を信じれる時、他者の苦しみも単に嘆くだけでなく、分かち合う機会としていけるのではないでしょうか。私達は神様の愛を教えられて初めて、自分と人を愛する事がどういうことかを教えられていきます。
問題のあるところに、ただ「困ったものだ」と頭を抱えるだけでなく、また人を責めて終わるのでもなく、見捨ててしまうのでもない。周りからどのような評価を受けていても、その苦しみに、自分は何ができるかを祈りながら考えようとする。それが一人一人、現し方は違っても、苦しみを分け合う事になるのではないでしょうか。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール389関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]