金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

351〜400

御言葉メール389

投稿日:

御言葉メール389
2008年5月24日
「友はどんなときにも愛するものだ。兄弟は苦しみを分け合うために生まれる。」(箴言17の17)
娘が統合失調症になってから、私達の実家の親達は、「困ったものだ」と嘆き悲しみました。その病気の症状、また病気としての理解が十分ないことからの辛さもありますが、自分達がどうしてやることもできない無力さが、「困ったものだ」と言わせるようです。
身近な人の困った事、面倒な事、自分に都合の悪い事が起こった時、人は「困ったものだ」と、口ずさみます。しかし、どんな最悪な状況の中にも神様の善なる御計画を信じれる時、他者の苦しみも単に嘆くだけでなく、分かち合う機会としていけるのではないでしょうか。私達は神様の愛を教えられて初めて、自分と人を愛する事がどういうことかを教えられていきます。
問題のあるところに、ただ「困ったものだ」と頭を抱えるだけでなく、また人を責めて終わるのでもなく、見捨ててしまうのでもない。周りからどのような評価を受けていても、その苦しみに、自分は何ができるかを祈りながら考えようとする。それが一人一人、現し方は違っても、苦しみを分け合う事になるのではないでしょうか。

カテゴリー

-351〜400

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.