御言葉メール396

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール396
2008年6月25日
「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。」(マタイ6の12)
この祈りは、主の祈りの第5番目です。ここでは「私たちが神に請い求める赦し」と「私たちがお互いに与える赦し」とは、密接に関係にある事を言っているのです。この関係は、マタイが5章7節で「あわれみ深い者は幸いです。その人はあわれみを受けるからです」とあわれみ深い者の祝福について、語ったところです。
即ち神の赦しの事実は、私たちクリスチャンにとって、人と人との関係で赦しを拒否する生き方はふさわしくない、と言っているのです。真に神に赦されていることを知った者は、人を赦すに何の障害も無いのです。人を真に赦すとすれば、神がその者を更に祝福し、赦しを与えて下さらないことはないということです。最近、本当に凶悪な犯罪が多発し、犯罪を憎み犯罪者を憎みます。
そのような時、この人を赦してなるものか、赦してよい理由がない、と心は叫びます。しかし、キリスト者は赦してよい根拠を持っています。ましてやあなたの隣人を赦さなくて良いわけなどないのです。そして赦す心はあなた自身と隣人に平和を与えます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール396関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]
御言葉メール390
御言葉メール390 2008年5月31日 「それは、断食していることが、人には見られないで、隠れた所におられる […]