金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

351〜400

御言葉メール396

投稿日:

御言葉メール396
2008年6月25日
「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。」(マタイ6の12)
この祈りは、主の祈りの第5番目です。ここでは「私たちが神に請い求める赦し」と「私たちがお互いに与える赦し」とは、密接に関係にある事を言っているのです。この関係は、マタイが5章7節で「あわれみ深い者は幸いです。その人はあわれみを受けるからです」とあわれみ深い者の祝福について、語ったところです。
即ち神の赦しの事実は、私たちクリスチャンにとって、人と人との関係で赦しを拒否する生き方はふさわしくない、と言っているのです。真に神に赦されていることを知った者は、人を赦すに何の障害も無いのです。人を真に赦すとすれば、神がその者を更に祝福し、赦しを与えて下さらないことはないということです。最近、本当に凶悪な犯罪が多発し、犯罪を憎み犯罪者を憎みます。
そのような時、この人を赦してなるものか、赦してよい理由がない、と心は叫びます。しかし、キリスト者は赦してよい根拠を持っています。ましてやあなたの隣人を赦さなくて良いわけなどないのです。そして赦す心はあなた自身と隣人に平和を与えます。

カテゴリー

-351〜400

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.