御言葉メール400

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メー400
2008年7月9日
「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23)
ある金持ちの役人がイエスの所に来て、「全ての神の戒めを守っているが、永遠のいのちを確かに自分のものするにはどうしたらよいか。」と質問しました。その時イエスは、全ての持ち物を売って貧しい人に分け与え、自分についてきなさいと命じました。すると彼は、悲しみつつ去ったのです。
それは、彼が「たいへんな金持ちだったから」でした。ほとんどの人が、漠然とですが「自分はそこそこで、天国に入る。」と思っています。本当の自分の姿に気づきません。この役人は、今までズーッと、十戒の全てを守っているという幻想を自分に抱いていました。人は、自分の事を多少の問題はあるとしても、「いい人間だ」と思っているようです。
「他人に罪人呼ばわりされる謂れは無い」と信じているようです。しかし、イエスはこの勧めによって、神以外のものを神とする、彼の偶像崇拝の罪を明らかに示したのです。このように私たちは、「世間並み」ということによって、自分の真の姿を見誤ってしまいます。故に真の神以外のものを神とすることは、全て世間並み以上の良い行いをしていたとしても、罪なのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール400関連ページ

御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール398
御言葉メール398 2008年7月2日 「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨ […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]
御言葉メール390
御言葉メール390 2008年5月31日 「それは、断食していることが、人には見られないで、隠れた所におられる […]