御言葉メール398

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール398
2008年7月2日
「私たちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています。」(ヨハネ6の69)
私たちは、自分の経験や知識を当たり前のように受けいれます。では人は、自分の体験を根拠にして安心して受けいれるでしょうか。また、どれ程の知識を得たら信頼しますか。どんなに素晴らしい体験をしても迷います。知識は、すぐに古くなります。その得た知識もほんの一部でしかないのです。
それだけではありません。知識は人を誇らせ、偏狭さと頑固さに代わってしまいます。また特に人を知るには、先ずその人に会って、その人自身を経験することによって更に深く、そしてその人を知るということが始まります。イエスは、5つのパンと二匹の魚で、男女合わせて一万人以上の人をお腹一杯にしました。更にたくさんパンと魚が余るという、驚くべき経験をしました。
にもかかわらず、自分の常識と知識が、イエスを正しく知ることも、信じることも出来なくしてしましました。その様な中で弟子たちは、冒頭の告白しました。つまり、信じて深く知るという告白をしたのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール398関連ページ

御言葉メール400
御言葉メー400 2008年7月9日 「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23) ある金 […]
御言葉メール399
御言葉メール399 2008年7月5日 「わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたし […]
御言葉メール397
御言葉メール397 2008年6月28日 「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません […]
御言葉メール396
御言葉メール396 2008年6月25日 「私たちの負いめをお教しください。私たちも、私たちに負いめのある人た […]
御言葉メール395
御言葉メール395 2008年6月21日 ああ。陶器が陶器を作る者に抗議するように自分を造った者に抗議する者。 […]
御言葉メール394
御言葉メール394 2008年6月14日 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかり […]
御言葉メール393
御言葉メール393 2008年6月11日 「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の […]
御言葉メール392
御言葉メール392 2008年6月7日 「あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。」(マタイ6の2 […]
御言葉メール391
御言葉メール391 2008年6月4日 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労 […]
御言葉メール390
御言葉メール390 2008年5月31日 「それは、断食していることが、人には見られないで、隠れた所におられる […]