御言葉メール404

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール404
2008年7月26日
「争うこともなく、叫ぶこともせず、大路でその声を聞く者もない。彼はいたんだ葦を折ることもなく、くすぶる灯心を消すこともない。公義を勝利に導くまでは。」(マタイ12の19,20)
ここにはおおよそ、私の内には決してない性格を持たれた方が紹介されています。私達は自分が正しいと思う時、その正しさを声高に主張します。たとえ声に出さなくても心の中で自分が正しい、という思いが渦巻くこともあるでしょう。
その思いや主張が争いの種になったり、自分自身のストレスを生み出す原因にもなったりします。しかし全く違うキリストの姿がここにあります。正義そのもので力のある方が、その力を御自分の正しさを主張するために使われない。むしろ人間関係の中で相手に勝つことしか考えれない、いたんだ葦、くすぶる灯心である人間を助けるために使われる。人に勝つことではなく人に仕える事で助けようとされる。
私はどんなに自分が醜くみじめな状態であっても、このキリストの姿の中に、自分のような者も受けいれられているという平安が与えられます。それはキリストの十字架と復活において完全な救いとなって、永遠の命へ導く平安です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール404関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]