御言葉メール413

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール413
2008年8月30日
「そして彼らの目の前で、御姿が変わり、御顔は太陽のように輝き、御衣は光のように白くなった。」(マタイ17の2)
人間としてこられたイエスが、天地万物を造られた神であることは多くの人々にとって理解不能のところです。神様が人間に神として認められる姿をしておられたら信じれたのに、と思う方も多いかもしれません。
イエスキリストの生涯の中で一度だけ、3人の弟子の前でキリストの顔が太陽のように輝き、衣は光のように変貌しました。筆頭弟子のペテロは、その変貌のすばらしさに圧倒され、わけのわからない事を口走ります。しかし神を認め信頼することは、その様な姿を見たからといってできる事ではありません。聖書は「彼の言うことを聞きなさい」と言います。
彼というのはキリストです。神を知るということはキリストの言葉を聞く事です。私達がこういう神であって欲しい、と願う姿が神ではないのです。キリストは人間の罪を赦すために御自分が、罪の罰を受けて死に復活されました。人間がさげすむ最も卑しい姿をとられたのが神でした。人間には決して真似のできない、求めることなど決してない姿です。私達はこの神に聞く者です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール413関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]