御言葉メール411

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール411
2008年8月23日
「あなたは、生ける神の御子キリストです。」するとイエスは、彼に答えて言われた。「バルヨナ・シモン。あなたは幸いです。このことをあなたに明らかに示したのは人間ではなく、天にいますわたしの父です。」(マタイ16の16,17)
キリスト教が一地方から全世界に広まっていくきっかけの一つは迫害でした。その歴史をたどる時、このようなむごい状態で、どうして信仰を持ち続けることができたのだろう、と、私はいつも不思議でした。
同時に自分には絶対出来ない、という確信は、迫害ほどひどくなくても何かあったら、信仰を守ることはできないのではないか、という不安を呼び起こします。しかし今日のみことばは、神様への信仰は自分で考えて選んだものではなく、神様が与えて下さったものだという事を教えます。先ず与えて下さったので、信じたいという願いも起こされたのです。
この真理に立つ時、自分で信仰を守っていかなくてはならない、という気負いと不安から開放され慰められるのではないでしょうか。いろいろな事が予想される信仰生活は自分で守る事はで来ません。信仰を与えられた神様が守り助けられる時、私達は主の御名を崇める事でしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール411関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]