御言葉メール410

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール410
2008年8月20日(水)
「神、主よ。このダビデは、このうえ、あなたに何をつけ加えて申し上げることができましょう。あなたはこのしもべをよくご存じです。」(Ⅱサム7の20)
昨日長距離ドライブ中に、あるクリスチャングループの讃美CDを聞きました。違和感を感じたので、繰り返して聞きました。そして感じていた違和感は、「主」「神」「イエス」という言葉の代わりに「あなた」という言葉を入れたほうがピッタリする詩とメロデーにあったのでした。
又、「イエスさま」と呼びかけることばが多く、「愛された」とか「イエス様が好き」という言葉の繰り返しが多かったことでした。更に「従う」というより「イエス様についてゆく」という表現になっていることでしょう。このような言葉の中心は、「私がイエス様への愛があふれている。」とか「イエスさまが大好き」「イエス様が私を愛してくれたから」という言葉で全てが言い切れてしまう程の内容の乏しさからでした。
内容とメロデーが、まさに人間中心のヒューマニズムであり、人間同士のラブソングなのです。この歌には、ダビデのような「ただ主の前に沈黙するしかない」という、主への畏れと主の威光に対する讃美がないのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール410関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]