金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

401〜450

御言葉メール420

投稿日:

御言葉メール420
2008年9月24日
「イエスは起き上がって、風をしかりつけ、湖に「黙れ、静まれ。」と言われた。すると風はやみ、大なぎになった。」(マルコ4の39)
弟子たちは、ガリラヤ湖を船で渡ろうとしたとき、激しい風と波の中で、死の恐怖を覚え、「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。」とイエスを非難したのです。
私たちは、いざ困った時、その困難がなかなか解決しない時、苛立ち、不安の気持ちを、怒りや不平、不満というかたちにして、人に投げつけてしまいます。しかしイエス様は、自分には全く関係の無い弟子たちのそのような不安や苛立ち、怒りを受け止められたのです。私ならば、きっと「私とその嵐と何の関係があるのか、私にどうしろというのか」と怒鳴り返した事でしょう。
しかしイエスが、その嵐と波に「黙れ。静まれ。」と命令されると、風も波も静まったのです。本当に驚くべきお方です。そこで弟子たちは、先ほどの嵐と風よりも恐れたのです。そうです。人の力では、どうにもならない自然さえも従わせられたのです。そのお方に苛立ち、怒りをぶつけてしまったのです。私たちは、ただ主を信頼して、口を閉ざして待てばよいのです

カテゴリー

-401〜450

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.