御言葉メール414

[`evernote` not found]
LINEで送る

「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18)
この聖句はよく聴かれると思います。人は、個人伝道を受けられた時、この言葉によって自分がどのようなもであるかを示され、キリストによる救いが必要だと納得し、信じてクリスチャンになられた、という経緯を辿る人が多いかと思います。この聖句は、世に存在する全てのが神の御前において神の義ときよさに相応しくないとする理由を述べているのです。
ですから、この世において人間同士が比較し合って、「あの人より私はまだましだ」「そんなに悪いことをしているわけではない」と言い合うものではありません。凡て世に属するものは神の前に裁かれるしかない存在となっているというのです。ですから「クリスチャンにとってそれは悪いことであっても、神を信じていない私は悪だとは思わない」という表現はある意味で正しいといえます。
しかしこれは、神を恐れない姿そのものです。だからこの世は、創造主にして支配者、主権者なる神によって裁かれるしかないのです。このように神の義の基準(神の律法)と裁きは、人の考えで(世の常識)で、良し悪しが判断されるものではないのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール414関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]