金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

401〜450

御言葉メール427

投稿日:

御言葉メール427
2008年10月18日
「霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。」(ヘブル12の10)
私達は「バチがあたる」とよく言います。自分にとって悪い事、嫌な事が起きる時、自分の行いの報いとしての結果と考えて、その様に言います。自分が意地悪したから意地悪された、ウソをついたからうそをつかれた
それは自分が悪い事をするならば、いずれ同じような目に遭うだろう、という漠然とした不安を生み出し、反対に、なにも悪い事をしていないのに何故こんな目に遭うのか、というどこにもぶつけようのない怒りになってきます。この因果応報の考え方は、罪に縛られて、不安と後悔と怒りの温床です。しかし罪を赦される神様がおられます。
私達を愛される神様を知ると、自分にとって嫌な辛い事は、自分の行いの報いではない事が教えられます。その試練は自分の罪や欠点がわかったり、そういう自分を赦して受けいれる神様の恵みを教え、成長へと導きます。それはつらさの中にもその意味と、確かに自分にとっての最善であることに気づかされるでしょう。

カテゴリー

-401〜450

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.