御言葉メール426

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール426
2008年10月15日
「悪者には心の痛みが多い。しかし、主に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。」(詩32の10)
私たちは、悪を謀り、それを行っているのを見ると本当に忌々しく、腹立たしく思います。それは、悪を行っていながら、その心のうちに何の苦しみも無いようなふてぶてしさを感じるからかもしれません。
しかし聖書は、その様に見えても実は様々心の痛みを抱えていると言うのです。そうかもしれません。悪を行う者は、その悪がいつばれないか、いつか、誰かに裏切られるかもしれない、等等と心を痛めるのかもしれません。または、悪を行う事そのものに平安が無く、その魂は呻いているのかもしれません。「私は黙っていたときには、一日中、うめいて、私の骨々は疲れ果てました」(32:3)。
偽りと悪を行い続ける事の苦しさを語ります。しかし、主に告白し、自分の全てをさらけ出したならばどれほどの平安があるか、計り知れません。「幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。幸いなことよ。主が、咎をお認めにならない人、心に欺きのないその人は」(同1〜2節)。主は赦しの神です。主に何でも告白し、義なる神に全てをお委ねして大丈夫です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール426関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]