金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

401〜450

御言葉メール425

投稿日:

御言葉メール425
2008年10月11日
「ああ、私に、生ける者の地で主のいつくしみを見ることが信じられなかったら。−待ち望め。主を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め。主よ。」(詩篇27の13,14)
旧約聖書の「詩篇」は祈りに満ちています。人間の呻き、叫び願い、感謝、喜びが包み隠さず神様に、言い表されています。私は詩篇を通して、もやもやとした思いを言葉にする事を学んだ様に思います。
私の言いたいこと、祈りたい事はこういうことなんだ、と何度、胸のつかえがおりたようなスッキリした思いで「神さま、ここの祈りは私の今の呻きです」と祈った事でしょう。冒頭の祈りはダビデが敵との戦いの中で、神様への信頼を現している詩篇の一節です。求めるのは主の恵深さだけである、と告白する著者は、逆境の中でも主を求めようとします。
この祈りに、私は信じたいと願いながらも信じられない、また不安や恐れ、疲れの中に閉じ込められて、どのように祈ってよいかわからない時に、このように祈ればよいのだ、と教えられます。自分の心に、それでも主を待ち望む事を教え期待できるようにと祈らされます。

カテゴリー

-401〜450

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.