御言葉メール422

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール422
2008年10月1日
「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」(1ヨハネ4の10)
ガリラヤ湖に吹き付ける激しい風と波を叱りつけるとそれらが静まったのです。これは、圧倒的なキリストの力です。そして大きさです。このような存在を、受けいれるのに畏れ戸惑うのは当然な事です。
ですから、人はこのお方に言い逆らったり、無視したりする事など出来ません。また同時に私達には、どうにもならない不思議な事、それも悲しく嫌な事が起こります。「愛なる神が居られるのに、どうしてこのような事が起こるのか」と。しかし、人間ではどうにもならないものをも従わせる事のできるお方に私たちは、どのような不平不満を申し上げる事ができるでしょうか。
私達の全てをご存知の方がなされるのですから、人はただ、その御旨を受け取るだけです。今、自分にとっては受け入れる事ができない事であっても、です。必ず受け入れる事が出来る時期が来ます。冒頭の言葉があなたに約束されているのです。主は必ず、あなたに全てを受け止める力を与えて、平安を与えて下さいます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール422関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]