御言葉メール431

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール431
2008年11月1日
「事実、私は自分で自分をさばくことさえしません。」(第1コリント4の3)
最近、交わりの中で確認しあう事の一つに「反省」と自分を責める事とは違う、という事があります。私は人間の生涯で反省がなくなる事はない、と考えています。その根拠は、人間は神様によって赦された者であるけれども、罪の性質そのものがなくなるわけではないからです。
昨日も今日も明日も、自分でわかっていても罪を犯さざるを得ないのが、残念ですが私達の歩みです。日毎に、自分の思い、行動を反省すると、自分がどんな者であるか教えられていきます。それは、どんな罪でも赦されている、という安心感のもとにできる行為です。しかし自分の反省から、何て事をしてしまったんだ、と自分で自分を責め続ける場合があります。
それは本人にとって、とてもつらい心の働きです。自分の思い、行為を自分で許さないで裁くのです。パウロの場合、人による判決は小さな事だと言い、更に自分で自分を裁く事もしない、と言っています。神が赦された人もそうですが、自分自身を責めることから、どうぞ守られますように。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール431関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]