御言葉メール447

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール447
2008年12月31日
今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを読んで下さり、本当にありがとうございました。つい一方的になってしまうのがメールでの便りです。時には、私たちの愚痴になったり、私たち家族が抱えている問題、教会の出来事、それらがメール内容を左右していたことでしょう。このメールは「真に霊的とは何か」を罪との葛藤の中で問い続けてきたものでした。
そして私たち夫婦が証してきた「霊的な状態とは」、特別な不思議な経験をすることでも凡て思い通りになる状態でもないということでした。本当に日常的な信仰者の葛藤をメールで発信しました。そして私たちは、どんなに辛い時も霊的でいられるし、幸いであったと伝えたかったのです。また私たち夫婦にとって霊的とは、罪の深い認識でした。 パウロは、自分の罪深さを知っておりました。
彼は、自分を罪人のかしらだと言います(Iテモテ1 :15)。聖書は、認罪こそ神の導きだと教えております。ある人には、罪との葛藤についての発信はとても暗く、重苦しいと映ったでしょう。しかし私には、この自己吟味こそが神の御前に自分を置くこになり、神の赦しを確信する時でもあったのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール447関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]
御言葉メール440
御言葉メール440 2008年12月6日 「誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていて […]