御言葉メール445

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール445
2008年12月24日
「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」(ルカ2の7)
イエスの誕生は、ローマ皇帝アウグストの住民登録の勅令が出され、クレニオがシリヤの総督であった時でした。この住民登録は、徴税と兵役という国家に役立つ者を調べるものでした。
それなのにヨセフは、身重のマリヤを連れ共にダビデの家系であったので、ナザレから南のベツレヘムまでの約百四十キロの旅をしました。二人は共にマリヤの宿している子が[神の子、救い主である]という御使いの告知を受けていました。それなのに二人がベツレヘムに着くと、宿どころか生れた幼子を飼葉桶に寝かさなければならない家畜小屋に泊まるはめになりました。
マリヤはかつて、「力ある方が、私に大きなことをしてくださいました」と神を賛美し信仰を持って受け入れたのでした。それが現実となってみると、彼女は家畜小屋の中で、見すぼらしい状態で、人々にも知られず出産しなければなりませんでした。しかし覚えましょう。神のなさることは常に最善なのです。それは、この世でどんなに低く貧しい境遇に置かれた人にとってもイエスが救い主であり、彼らが大胆に近づく為でした。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール445関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]
御言葉メール440
御言葉メール440 2008年12月6日 「誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていて […]