金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

401〜450

御言葉メール443

投稿日:

御言葉メール443
2008年12月16日
「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18)
人の罪の典型的な姿です。これは、10節〜17節の罪の姿を描いた後の結論です。さまざま罪の姿がありますが、結局のところ、この神を神として崇め、畏れないということです。神へ恐れは、神に対して敬意と崇敬の念を持つ事です。本来、人は神をこのように思うことがで着ていたはずです。
何故なら人は、その様に造られたのですから。しかし、人間の科学技術の発展と共に人間の能力が自分を幸福にし、人の能力は神を知ることができ、神に追いつき追い越すことができると自負して、神をあざ笑ったのです。そして「神は何もする事ができない」と言います。こうして人自分を神の位置において、自分を誇るのです。その結果どうなっているでしょうか。
世は、自らを神とする神々の争いのごとき姿を呈しているのです。そして人は、益々自分のエゴをむき出しにして争い、その行為は残虐となるのです。こうして、その身に滅びを確かなものとします。このような人間が自らを救う事、神に到達する事ができるのでしょうか。決して出来ません。人には救い主が必要です。その救い主が誕生したのです。

カテゴリー

-401〜450

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.