御言葉メール441

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール441
2008年12月10日
「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するようにしてください。正しい者たちが私の回りに集まることでしょう。あなたが私に良くしてくださるからです。」(詩142の7)
これは、ダビデがサウロ王の嫉妬の故に追われて洞窟に潜んでいた時の心境を詩にしたものです。もし、追っ手に捕らえられたら、どのような悲惨な状況がまっていることでしょう。
考えただけでも恐ろしい事です。ダビデは、謂れの無い嫌疑にサウロ王を憎み呪ってもおかしくありません。次に自分の置かれている状況をどんなに惨めに感じた事でしょうか。最後には、自分の生まれた日さえ呪った(自分の存在そのものを否定した)事でしょう。私ならばその様な恐怖の中で、精神状態を平静に保つ事など出来そうにありません。
ある人は、この追われ、虐待を受けるかもしれない恐怖に負けて、自ら死を選択するかもしれません。しかし、そんな苦しみの中にあるダビデは、1節を見ると、なんと自分の罪を告白しているのです。驚くべき事です。更に驚くべき事は、この罪の告白と憐みを激しく求める祈り後にダビデの口からは、冒頭の神にある勝利への確信に満ちた言葉なのです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール441関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール440
御言葉メール440 2008年12月6日 「誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていて […]