御言葉メール439

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール439
2008年12月3日
「つまずきが起こるのは避けられない。だが、つまずきを起こさせる者は、忌まわしいものです。」(ルカ17の1)
主イエス様は、この世に生きている限り、躓かされるということは当然起こることだと言われます。私たちは、人から嫌な事、人からむごいことを言われ悲しい思いをさせられる事、自分の大切な計画が妨害され、多大な損失を被った事、などに自分の全神経と感情が向きます。
結果、この世に自分ほど不幸でみじめ存在はないと嘆き悲しみます。それが自分の全てだと思います。そして自分が人を恨み、憎しむのは当然だと考えます。しかし、主は言われるのです。私たちが最も心を用い、全身全霊を持って取り組まなければならないことは、人に「つまずきを起こさせ」ているかどうか、だと言うのです。
しかも、最も小さい者(自分にとってほとんど利用価値が無く、多少傷つけても、交わりがなくなってもよいと見下している人)を躓かせる人こそ、石臼を首に結わえられて海に投げ込まれるほうがましだといわれるくらいの大変なことをしているという自覚が必要だというのです。主は、教えを続けて、人を躓かせるものは、人を許さない事と高慢だとします。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール439関連ページ

御言葉メール450
御言葉メール450 2009年1月10日 「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられてい […]
御言葉メール449
御言葉メール449 2009年1月8日 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサ […]
御言葉メール448
御言葉メール448 2009年1月3日 「確かに、今は恵みの時、今は救いの日です。」(コリント第26の2) 新 […]
御言葉メール447
御言葉メール447 2008年12月31日 今年も今日が最後となりました。この一年、稚拙な私たち夫婦のメールを […]
御言葉メール446
御言葉メール446 2008年12月27日 「私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来 […]
御言葉メール445
御言葉メール445 2008年12月24日 「男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。」 […]
御言葉メール444
御言葉メール444 2008年12月20日 「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりま […]
御言葉メール443
御言葉メール443 2008年12月16日 「彼らの目の前には、神に対する恐れがない。」(ローマ3の18) 人 […]
御言葉メール442
御言葉メール442 2008年12月13日 「そして急いで行って、マリやとヨセフと、飼葉おけに寝ておられるみど […]
御言葉メール441
御言葉メール441 2008年12月10日 「私のたましいを、牢獄から連れ出し、私があなたの御名に感謝するよう […]