御言葉メール472

[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール472
2009年4月16日
「というのは、彼らは神の義を知らず、自分自身の義を立てようとして、神の義に従わなかったからです。」(ローマ10の3)
あるクリスチャンは、これくらいの律法は守らせるべきだと考えます。彼は、これこそ神の義だと信じて疑いません。しかしパウロから見ると神の義を説きながら、神の義をほとんど知らないとしか思えませんでした。
彼は、神の要求する義を自分の考える義と同じ程度に考えているのです。でなければ自分で神の求める義を全うすることができるとなどとは思いもしないでしょう。彼は、神を人間(卑しい、罪人)の規準に引き下げて侮辱し、神の要求を満足させる事が出来るという自分への自惚れと尊大さがあります。この思いは、真実を知ろうという謙虚さと努力をさせません。
更にこれらは、他の事にも当てはめることができます。自分は、分かっている、人に聞くまでも無いという傲慢さが、聞くという謙虚さを失わせてしまいます。そのような人は、人を導くどころか、自らが神から遠ざかるだけでなく、人をも神から遠ざけてしまっていることが多いのです。聞く勇気と謙虚さが大切。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[`evernote` not found]
LINEで送る

御言葉メール472関連ページ

御言葉メール500
御言葉メール500 2009年10月10日 「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝 […]
御言葉メール499
御言葉メール499 2009年10月3日 「あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストととも […]
御言葉メール498
御言葉メール498 2009年9月26日 「あなたがたのすることは、ことばによると行いによるとを問わず、すべて […]
御言葉メール497
御言葉メール497 2009年9月19日 「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さ […]
御言葉メール493
御言葉メール496 2009年9月12日 「あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。」(コ […]
御言葉メール495
御言葉メール495 2009年9月5日 「最後に、私の兄弟たち。主にあって喜びなさい。前と同じことを書きますが […]
御言葉メール494
御言葉メール494 2009年8月29日 「しかし、私にとって得であったこのようなものをみな、私はキリストのゆ […]
御言葉メール493
御言葉メール493 2009年8月22日 「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによっ […]
御言葉メール492
「悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべての武具を身に着けなさい。」(エペソ6の11) テレ […]
御言葉メール491
御言葉メール491 2009年8月8日 「主は、ご自分の羽で、あなたをおおわれる。あなたは、その翼の下に身を避 […]