金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

451〜500

御言葉メール478

投稿日:

御言葉メール478
2009年5月23日
「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。」(2コリント5の21)
神とは一体誰なのか、と、神を知らない人は当然聞き返すでしょう。歴史上に存在したキリストという人物は何をしたのか、と。ある程度、神様とはこういう方です、と説明できても、それが何だという事になるでしょう。
自分と神様との関わりがわからないからです。冒頭の聖句は、神様が私達に何をしてくださったのかが、簡単明瞭に書かれています。神様を知ろうともせず自分の思いのままに生きる事が罪です。罪は神によって裁かれます、必ず。それは罪の悲惨さとその結果の永遠の滅びです。そういう事さえ知らないで生きている私達に、神様はご自分の方から、罪と滅びからの救いを用意して近づいて下さいました。
あろう事か、罪を犯した者が裁かれるのではありません。罪を知らないキリストが身代わりに裁かれたのです。この事を信じる時、罪を持つ人間が罪の無い者とみなして下さる。今そんな事を信じても、現実の問題の役に立たないと思われるでしょうか。現実どころか、これは私達の永遠を左右するのです。

カテゴリー

-451〜500

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.