金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

451〜500

御言葉メール476

投稿日:

御言葉メール476
2009年5月9日
「『光が、やみの中から輝き出よ。』と言われた神は、私たちの心を照らし、キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせてくださったのです。」(第2コリント4の6)
私が小学校だった時、「心に太陽を、くちびるに歌を」という言葉に共感しノートに書き留めた事を思い出します。自分の心が太陽の様に明るく暖かく輝いていたら、この口から歌や優しい言葉が出るだろうと、信じて疑わなかった時代でした。
程なくして、心を太陽のような状態に維持する事は自分ではできない事を悟りました。自分の思うようにいかないと不平不満で心が一杯になります。太陽の輝きではなく空しいみじめさは、心の闇でした。闇の中から光を創られた神様は、そのような人間の心の闇を照らされます。天地万物を創られた神が私の空しさにも光をあてて下さるのです。
太陽の様になろうと頑張らなくても、光である神様ご自身が私の内に入り照らして下さる。キリストを信じる救いの恵みは、あなたの心を照らし出すでしょう。それは光も人間も創られた神様が、人となって自ら私達の所まで来られたイエスキリストの素晴らしさを知る事です。あなたは神様の栄光を拝するでしょう。

カテゴリー

-451〜500

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.